未分類

桜の季節


4月月21日日曜日に、家族と加瀬沼公園へお花見に行ってきました。

20190421_164321

時期的にもう散ってしまったのではないかと心配しましたが、250本あるとされる公園内の桜は見頃を迎えており、宴会を楽しむ人々や家族連れの花見客で賑わいを見せていました。

20190421_163850


20190421_163729

加瀬沼公園は園内施設も充実しており、ピクニック広場やサッカー場・野球場、子どもたちが楽しめる大型の遊具など幅広い世代で楽しむことができます。
今年の大型連休にご家族やお友達と行かれてはいかがでしょうか?


春の風物詩 塩竈神社「帆手まつり」


春の風物詩 塩竈神社「帆手まつり」2019 3/10 大迫力!急な坂を下る神輿

氏子三祭

帆手祭・花祭・みなと祭の、神輿が渡御(市内巡行)する3つの祭典を氏子祭といい、併せて氏子三祭と称しております。今でも神輿は神社の鳥居迄は神社の管理下、鳥居を一歩外に出れば一切は氏子の責任と言う決め事が厳然と守られております。

帆手祭

この祭は天和2年(1682)塩竈が大火に見まわれ、港に出入りする船も減少し地域が衰退した時に火災の鎮圧と景気回復を鹽竈さまに祈って始められた祭で、今も火伏の祭として続けられています。市内の若者が中心で、当時鹽竈神社は唐門から中へは一般の人は入れませんでしたが、祭日は特別に若者(伜)だけは中に入れてもらう許可が出ました。そこで「伜まつり」と言う名で正月20日に始められたのである。当時は神輿は無く梵天(リュウノヒゲを束ね棒の先に附けたもの)を持って町中を練り歩いたとされています。ですが、天和4年「伜まつりを毎年行うのは贅沢だ」と代官より達しが出て一旦中断しましたが、この年再び大火に見まわれた為、再び復活し以後正月28日に行い、まつりは年々華やかになり、やがて享保18年(1733)に現在の神輿が出来ると、神輿の町内渡御に変わり明治5年に「帆手祭」と改称し、祭日も3月10日に変更し戦時中も中止することなく受け継がれてきました。荒れ神輿(神意のままに動き回る)としても有名で住民の間には数々の逸話も残されています。
又市民の間では春を呼ぶ祭とも言われこの祭を機に春を実感します。


DSC_0010

DSC_0022

DSC_0030

第14回 ゆめ大会


2月2日㈯、多賀城市文化センター小ホールにて開催されました生涯学習100年構想実践委員会様主催の「第14回ゆめ大会」に行ってきました。

小学生6名、中学生4名の10名のお子さんの「未来のゆめ」の発表を聞いてきました。看護師、幼稚園の先生、獣医師…など「自分の夢=誰かのために何かしたい!」というお子さんが多く、中には大人の私が「はっ」と考えさせられ、感心させられる発表が多く、来て良かったと感じる大会でした。皆さんどれも立派な発表でしたが、中学生になるとまたぐっと発表の仕方・発声の仕方が変わり、聞きやすく、話に引き込まれてしまいました。

毎年、この時期に行われるゆめ大会。皆さんもぜひ足を運んでみて下さい。忘れかけていた若かりし頃の自分の思いや、今の子供達の思い・考えが伝わり、未来は捨てたものじゃない!と勇気づけられますよ!

写真-1


第二部の多賀城市立第二中学校吹奏楽部の皆さんの演奏も圧巻でした!どの曲もすばらしく、司会の方も話していましたが、素敵な発表に、素敵な演奏。とても得をしたような気持ちになるひとときでした。

写真-2


ゆめ大会終了後には、多賀城名物「やかもち鍋」が無料でふるまわれ、私もしっかりとごちそうになってきました(笑)初めていただいた「古代米」で作られた紫のお餅に感動!とても美味しかったです!

写真-3


なお、今回当社では、ゆめ大会の看板・垂れ幕・印刷物などを作製させていただきました!


寒い時だから!


11月に入り、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
寒いのが苦手なので朝は布団から出たくありません(笑)
そんな寒い冬は、スパイシーな辛さで体を温めてみよう!
という事で、塩釜に新しくできた本場のインドカレーが食べられるお店「SANTA」さんにおじゃましてきました!
店内に入ると、カレーの匂いで食欲がそそられます。
メニューを見てみるとチキンやマトン、キーマ等、定番のメニューはもちろん!一日10食限定の日替わりカレーもあります。辛さも選べるので、辛いのが苦手な方でも安心して食べられます。
そんな私は何を食べたかというと、日替わりランチ(辛口)!

20181129_121640


限定と言う言葉に弱いのは秘密です(笑)
それにしてもナンがでかい!写真に収めるのが大変でした。
ドリンクもセットで付いてきますが、やっぱりインドカレーにはこれしかない!

20181129_123014


皆さんご存知ラッシーです。これでヒィーヒィーしている口の中もリフレッシュできます!
写真を撮る前に一口飲んだのも秘密です(笑)
寒さ対策でカレーを食べた結果・・・・・
辛さで汗をかく位体が温まりました!元気いっぱい!!!
皆さんも寒さ対策にからーいカレーを食べてみてはいかがですか??

SANTA~Indian Curry Dining~
宮城県塩竈市港町2‐3‐21

東日本大震災から7年


3月11日で東日本大震災から7年が経ちました。

7年という長い時間を経ても未だ復興の途中です。当社のスタッフが震災後の七ヶ浜町を撮影し続けていました。震災直後と今を撮影しています。

 


松ヶ浜地区 2011/03/12撮影

松ヶ浜地区2018/01/14撮影
松ヶ浜地区 2018/01/14撮影



松ヶ浜地区2011/03/14撮影
松ヶ浜地区 2011/03/14撮影

松ヶ浜地区2018/01/14撮影
松ヶ浜地区 2018/01/14撮影



松ヶ浜地区2011/03/14撮影
松ヶ浜地区 2011/03/14撮影

松ヶ浜地区2018/01/14撮影
松ヶ浜地区 2018/01/14撮影



松ヶ浜地区2011/03/14撮影
松ヶ浜地区 2011/03/14撮影

松ヶ浜地区2018/01/14撮影
松ヶ浜地区 2018/01/14撮影



菖蒲田浜 2011/03/12撮影
菖蒲田浜 2011/03/12撮影

菖蒲田浜地 2018/01/14撮影
菖蒲田浜地 2018/01/14撮影



菖蒲田浜 2011/03/22撮影
菖蒲田浜 2011/03/22撮影

菖蒲田浜地 2018/01/14撮影
菖蒲田浜地 2018/01/14撮影



菖蒲田浜 2011/03/22撮影
菖蒲田浜 2011/03/22撮影

菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影
菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影



菖蒲田浜 2011/03/22撮影
菖蒲田浜 2011/03/22撮影

菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影
菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影



菖蒲田浜 2011/03/12撮影
菖蒲田浜 2011/03/12撮影

菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影
菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影



菖蒲田浜 2011/03/12撮影
菖蒲田浜 2011/03/12撮影

菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影
菖蒲田浜地区 2018/01/14撮影



これからも”復旧・復興・再興”に向け共に歩んで参りましょう。

 

印刷屋さんvol.43発行しました!


今回は「海鮮せんべい塩竈」さんでおせんべいの手焼きを体験してきました!
オリジナルのおせんべいが作れるのでとても楽しかったですよ!

今年もあっという間に一年が終わろうとしていますが、みなさんはやり残した
ことや、逆にやっと達成できたことなどありましたか?
今回は社員のみなさんに「今年一年でやり残したこと」を聞いてみました!

vol43

【PDFで読む】

◯◯の秋


「小林農園」様から撮影の許可を頂きました!利府梨「長十郎」です!ジューシーで甘く、とても美味しかったです。

「小林農園」様から撮影の許可を頂きました!利府梨「長十郎」です!ジューシーで甘く、とても美味しかったです。



10月になり、朝晩肌寒くなってきました。

秋といえばスポーツの秋、読書の秋…。と色々とありますが、皆さんはどれがお好きですか?

「食欲の秋」は栗や脂の乗ったサンマ、黄金色に実ったお米、果物など美味しい物がたくさん!

果実といえば利府町では連日、「長十郎」や「豊水」等、旬を迎えた利府梨を求めて大勢の方が直売所にいらっしゃるのを見かけます。

皆さんも是非、秋の味覚を堪能して下さい!

印刷屋さんvol.42発行しました!


ジメジメ、ムシムシな梅雨の季節、みなさんいかがお過ごしですか?
印刷屋さんvol.42が発行しました!
今回は新しくなった私たちの新しい仲間たち(笑)の紹介をさせていただいております!ぜひお楽しみください!

vol42

【PDFで読む】

印刷屋さんvol.41発行しました!


明けましておめでとうございます! 2017年もどうぞよろしくお願い致します!

新年とともに、新しいメンバーを迎えて初めての発行となるvol.41。無事、発行することができました!

vol.42も楽しんでいただけるよう、がんばります!

vol41

【PDFで読む】

印刷屋さんvol.40発行しました!


印刷屋さんもvol.40を迎えました。10年も続きました!すごい!
まもなく11月、年賀状も発売され、慌ただしい季節となりますねぇ。

今号は、6年ぶりの社内旅行、年賀状印刷、印刷屋さんまめ知識、気になるお店紹介、印刷屋さんの仲間第6弾等もりだくさんです!

vol-40

【PDFで読む】